個人住宅、賃貸マンション、店舗、医院、の建築設計監理。不動産売買と土地活用! 広島 建築設計事務所 
 
資本主義の崩壊

今日の世界の発展を支えてきたのは、近代西洋文明による所であるが、それは、近代合理主義が根底にある。しかしそれは、人間の感性、霊性、精神性を、無視、又は軽視するものである。

又、近代合理主義は、機能主義文明をもたらし、芸術、文化、歴史性(伝統)等から背を向け、人間の精神性や、生活の豊かさを枯渇させるものであった。
したがって、当然のように限界が訪れた。消費文明による資源の消失、公害や自然破壊による地球生態系の崩壊、そして、先進国家の衰退等がそうである。

それは、ソ連の解体、病めるアメリカ社会、西欧の活力の低下(老衰期)に代表されるが、国家の栄枯盛衰は、古代世界から連々と繰り返された地球の自浄作用かもしれない。

時代の動向を反映するように、近年、オカルト、超能力、宗教等が台頭し、明らかに時代は近代合理主義から非合理主義に移行しつつある。
それは、かつて人類が持っていいた豊かな精神性への回顧に他ならない。

本来、それ抜きでは、文化、国家は語れないはずであり、近代社会が、失ってしまったものを取り戻す必要に迫られているのであろう。

-
自然との共生

我々人類は、母なる大地(マザー・アース)に、瞬間的に存在させてもらっているものにすぎない。

人類が誕生して約4万年、農業革命から1万年、現世における文明が誕生して5千年であるが、地球は誕生して45億年である。
さらにそのうち、産業革命から200年たらずである。

そのわずか200年たらずにつちかった近代合理主義による、四角い部屋、四角い窓を持つ建築は、本来我々生物に取っての必然性はないのである。
自然界に存在する造形は、球体、卵形、円柱、円錐、円、六角形、三角形、流線形、ら線形等であり、四角形や直線、直角というものは、ほとんど存在しないからだ。

本来人類は、自然から生まれた自然から恩恵を受け、自然から学びあらゆる学問、文化、芸術が誕生した。
近代合理主義が、破綻しようとしている現代、我々はもう一度原点(自然)にたちかえる必要があるのではなかろうか?

自然に接し嫌悪感を持つ者はいない。
森林や、花や、空や海を見ると快感を覚えるのは、それらがマザー・アースの一部である事に他ならない。
そこには、自然界をつかさどる色(赤、青、黄、緑等)や造形に満々ている。

地球の環境破壊のゆくえ
諸問題 原 因 環境への影響 人への影響
河川の破壊  家庭排水
工場廃水
ダムの建設
海の汚染
魚貝類の汚染、減少 
環境ホルモン
次世代への影響
土壌汚染 産業廃棄物
農薬散布
河川の汚染
飲料水の汚染
農作物への影響
健康問題全般
海洋汚染 産業排水、海砂の採取
船舶の塗料
港湾部の工場
魚貝類の汚染
浜辺の減少
環境ホルモン
次世代への影響
大気汚染 有機化合物の燃焼 ダイオキシン   新生児の奇形
ガンの発生
温暖化現象  空調機の使用
排気熱
生物の絶滅
異常気象
食べ物の不足
農作物への影響
酸性雨 工場の排気ガス
車の排気ガス
農作物への影響
飲料水への影響
食べ物の不足
健康問題全般
フロンガス エアコンの処理
冷蔵庫の処理
オゾン層の破壊  皮膚ガン 
CO2問題  車の排気ガス 温暖化現象
木々の立ち枯れ
ぜんそくアレルギー
森林伐採 紙の浪費
国家の貧困 
酸素の減少
生物の死滅
砂漠化
文明の解体
抵抗力の低下
天変地異 地下核実験
温暖化現象   
地震、大洪水
火山の噴火 
経済問題
死傷者
戦争  宗教、民族
国家の貧困               
大気汚染
水質汚染
経済問題
死傷者

上記の諸問題は、お互いに相乗効果を生み 人類は取り返しのつかない状況へと突き進んでいる。
現在のところ、具体的な改善策は検討段階で、特効薬もない。結局、環境問題は間違いで塗り固めた
人間の豊さが生んだ産物である。

46億年かけて築かれた、豊かな地球を、人類はわずか100年で壊わそうとしているのか。



Telephon number  / 082.261.3171

広島の建築設計事務所
江口希之建築都市研究所

〒732-0048 広島市東区山根町15−50
TEL:(082) 261-3171 FAX:(082) 261-3166
いえねっと不動産 いえねっとRemo! いえねっと 住宅・商業風水 いえねっとShopping 江口希之建築都市研究所

個人住宅、賃貸マンション、店舗、医院、の建築設計監理。不動産売買と土地活用! 広島 建築設計事務所