個人住宅、賃貸マンション、店舗、医院、の建築設計監理。不動産売買と土地活用! 広島 建築設計事務所 
設計コンセプト

トップページへ
哲 学
人類は現在も過去においても哲学する事により、進歩している。
過去において哲学は、さまざまな学問、科学、技術、芸術を生み出す事になった。

現在においても、常に新しい発想、転回は、「どうして?なぜ?どうすれば?」等々哲学する事により生まれるといって過言ではない。

建築においても、同様な作業が、企画段階においては特に重要であると考える。

自 然
自然は、哲学を生み出し、その解答を与え続けてきた。
建築に限らず、あらゆる学問、芸術、宗教も又、恩恵を受けている。

芸術の一つとしての建築も、そのデザイン要素として自然界から得るものは大きいのである。

宇 宙
宇宙は、現在も過去においても人類共通の興味の対象である。
それは、物理学によって探求される訳であるが、その物理学も例外なく、哲学する事から始まり、自然界が人々にその答えを教えてくれる。

そして今、量子物理学により、人類は大きな発展を向かえようとしているが、その最先端でも神の存在が叫ばれている。
宇宙観は、人類の歴史において、政治、経済、宗教、科学に大きな影響を与え、これからも与え続けるだろう。

建築においても同様に、恩恵を受けるのである。

宗 教
宗教は人類の歴史の中で重要な役割をになっている。
いましめ、民族の統一、平和等々。

時代、時代における宗教は、政治、経済等において多大な影響を与え、芸術、建築においても同様であった。
自然へのおそれが自然崇拝となり、シャーマニズム、マニミズム、一神教、多神教等へ発展していく。
その過程において、聖書、仏典等、神話としての「物語性」は、宗教が広く人々に受け入られる事において必要であったに違いない。

同様に建築においても、なんらかの「物語性」(コンセプト)は不可欠なのである。

風 水
古来より龍は、水神としての龍神様を始めとし、信仰の対照にもなり、神話やお伽話(竜宮城)にも多く登場している。
中国では、皇帝を竜体として模写し、日本でも古代天皇(神武、応神、崇神等)も角、うろこ、尻尾、長い舌、巨体等々、竜体として古文書では、表現されている。

又、中国の風水術においては、大地のエネルギーの大きい「場」として、龍脈なるものがあり、そこに重要な施設(寺社、塔、等々)を建設している。そして、東方向の守り神としても青龍が用いられている。(西方向は白虎、北方向は玄武、南方向は朱雀)

全世界的に、信仰の対照としての最高神は太陽神であるが、我が国は、「日の本(太陽)」であり、国旗も太陽であり、古来の世界的な呼名は、「天国」である事から解るように、古代においては、全世界の中で、最高の地位にあったとも言われている。

その地形(日本列島)が、竜体を示している事でも解るように、想像の産物であろう龍は、神であり、王であり、最高のものを示すものであった。


トップページへ  メールはこちらへ

(c) KISHI EGUCHI ARCHITECTS OFFICE 1998 All Rights Reserved.

いえねっと不動産 いえねっとRemo! いえねっと 住宅・商業風水 いえねっとShopping 江口希之建築都市研究所

個人住宅、賃貸マンション、店舗、医院、の建築設計監理。不動産売買と土地活用! 広島 建築設計事務所