広島 不動産 土地 建売 投資
KE design
 広島市中区の情報
紙屋町、八丁堀地区 平和大通り 広島城 太田川

位置 太田川河口デルタ地帯の中央部に位置し、面積は約15平方キロメートルで、
東は京橋川、西は天満川と接しており、区の中央には元安川と本川(旧太田川)が流れています。
中区の河岸の総延長は約38.5km。川の面積は約23%にもなります。
地域 中心部は広島広域都市圏や広域経済圏の中心でもあり、紙屋町、八丁堀地区においてデパート、地下街、専門店などの商業施設や官公庁、銀行、企業の本・支店などが集積しており、バスセンター、市内電車、そして地下を走る新交通システム(アストラムライン)が多様な都市活動を支えています。

 中央には、平和記念公園や中央公園、平和大通りなどがあり、国際平和文化都市・広島の象徴として個性のある都市景観を形成しています。
 北部は、高層アパートを中心とした住宅街で、中央部の東側には、歓楽街があり、周辺部の十日市、舟入、吉島、千田などの地区では、住宅や商業及び都心型中小企業が混在し、南端の江波地区ではカキの養殖が行われています。
自然 広島は川の街。生活の中に橋があり、その橋それぞれに面白い表情や歴史があります。
治水、干拓を繰り返し、無くなった川あり新しい川ありと、その姿は刻々と変化しています。
しかし、太田川の分流の中に浮かぶ広島は、まさに「水の都」。
河岸緑地が大きな特徴ですが、場所によってさまざまなバリエーションがあります。
歴史と文化

天正17年(1589)、毛利輝元による広島城築城が、広島城下町の本格的な始まりです。
太田川の三角州に作る「島普請(しまぶしん)」は、当時世上で嘲られるほどの大仕事でした。
築城と共に始められた城下の町割り(都市計画)は、京都・大阪を模範としたといわれます。
城をとりまく形に、御用屋敷・侍屋敷など武家町が広い面積をしめ、その外側に職人、商人の町人町や寺社がもうけられました。
また東西を貫通する西国街道沿や、北方雲石街道の両側には町人町の広がりが見られます。


★不動産情報★

中心部地区 広島広域都市圏や広域経済圏の中心でもあり、紙屋町、八丁堀地区においてデパート、地下街、専門店などの商業施設や官公庁、銀行、企業の本・支店などが集積しています。
また、バスセンター、市内電車、そして地下を走る新交通システム(アストラムライン)が、多様な都市活動を支えています。
立町・幟町・八丁堀・袋町・基町の土地は、めったに出ません。坪単価は、300万円から500万円とも言われています。
幟町小学校   基町小学校   袋町小学校   幟町中学校
平和大通り地区 平和記念公園や中央公園、平和大通りなどがあり、国際平和文化都市・広島の象徴として個性のある都市景観を形成しています。
西には、中島町・土橋町、東には、富士見町・鶴見町・宝町
中心に近い、中町、小町は住宅地として非常に便利な場所で、マンションが多いところです。
坪単価は、200万円からとも言われています。
竹屋小学校
北部地区  北部は、高層アパートを中心とした住宅街で、住宅や商業及び都心型中小企業が混在しています。
なかでも白島は、高級住宅街として有名です。その他、寺町・広瀬町・
坪単価は、300万円から500万円とも言われています。
白島小学校   広瀬小学校
南部地区 舟入、吉島、千田などの地区では、住宅や商業及び都心型中小企業が混在しています。
南端の江波地区では、カキの養殖が行われています。
国道二号線から南側にある、吉島町・舟入町・千田・江波は戸建住宅も多く、人気の住宅地です。
坪単価は、70万円からとも言われています。
千田小学校   吉島東小学校   吉島小学校   神崎小学校   舟入小学校
江波小学校   吉島中学校   江波中学校
東部地区 中央部の東側には、歓楽街があり、一部には住宅もありますが、圧倒的に商業地域となっています。
流川町・薬研堀町は歓楽街だけの地域、平塚町にはマンションなどの住宅もあります。
坪単価は、150万円からとも言われています。
西部地区 中央に一本道となり最も便利な十日市などの地区では、やはり住宅や商業及び都心型中小企業が混在しています。以前はもっぱら、商業及び都心型中小企業が多かった地域ですが、近年ではそれは減り、マンションが主流となっています。
榎町・猫屋町・堺町の坪単価は、100万円からとも言われています。
十日市町の坪単価は、150万円からとも言われています。

広島市ホームページ

KEデザイン 不動産 いえねっと 住宅・商業風水  Works KEデザインtop
広島 不動産 土地 建売 投資