広島 不動産 土地 建売 投資
KE design
 広島市佐伯区の情報
五日市駅 佐伯区役所 佐伯区図書館 広島市植物公園

位置

市の西部に位置し、東は西区、安佐南区、安佐北区に、西は廿日市市に、北は安芸太田町に接しています。
平成17年4月25日に佐伯郡湯来町と合併し、面積は約224キロ平方メートル、人口は約13万5千人となり、面積は市内8区中2番目、人口は5番目の規模を有する区です。

地域 区の南部は、清流八幡川沿いに広がった平野部が、極楽寺山・窓ケ山・鈴ケ峰などの山々で形成される山地部に取り囲まれています。北部は、太田川水系水内川が東西に貫流しており、上流では谷あいの平地に集落が点在し、下流はやや広がりを持った河川沿いの平地に比較的まとまった集落が形成されています。
区の南部には山陽自動車道、西広島バイパス、JR山陽本線、広島電鉄宮島線、国道2号が東西に走り、さらに、五日市旧港埋立てによる幹線道路の整備などにより、広島都市圏西部の拠点にふさわしい賑わいのあるまちづくりが進められています。
自然

湯来町の東郷山(とうごうざん)より阿弥陀山(あみだやま)に至る標高800m内外の連山に発し、葛原(つづらはら)で木末川(こずえがわ)と合流、東流しながら中流部に至り、魚切ダムを経て佐伯区上河内より南方に曲流します。五日市町中地で、最大の支川である石内川(流域面積23.5u)を合流した後、瀬戸内海(広島湾)に注ぎます。河口付近では、佐伯区と同市西区の区境を成します。旧河道は、広島県道290号原田五日市線の東側に、併走していました。河道が変わったのは、江戸時代の頃です。春や秋にはシギ・チドリ類が、冬にはヒドリガモなどのカモ類が飛来します。

文化と歴史 昭和30年(1955年)、旧五日市町と観音・八幡・河内・石内の四村が合併し、人口22,740人の五日市町が誕生ました。昭和40年には、人口31,993人、世帯数8,523戸の県下最大の町に発展し、昭和52年、町人口7万人を突破します。そして昭和60年、広島市8番目の区となる佐伯区が誕生しました。その後は、山陽自動車道やJR・広電など各駅の整備、小中学校の開校が相次ぎました。平成22年で区誕生25周年を迎えました。

★不動産情報★

五日市地区 JR山陽本線と広電・宮島線の北側の地域です。五日市駅前は、坪単価50万円〜70万円で売り物件は滅多に出ません。同じく沿線沿いで駅から近いエリアの、五日市1・2・3丁目、商店が立ち並ぶコイン通りを挟んで、五日市中央1・2・3丁目辺りは、坪30万円〜60万円と高単価で取引されます。駅から少し距離のあるところでは、坪10万円〜40万円が相場となります。
藤垂園・吉見園
旭園・海老園
JR山陽本線と広電・宮島線の南側の地域です。旭園・吉見園・藤垂園・海老園は、坪単価45万円〜80万円と、地域内でも差が見受けられます。
楽々園 JR山陽本線と広電・宮島線の南側の地域です。楽々園は、広電「楽々園」駅が最寄り駅となり、駅前にはスーパーや飲食店が立ち並びます。坪単価は40万円〜70万円、便利な場所ではそれ以上となることもあるようです。
八幡地区 西広島バイパスの北側で、八幡川沿いの平地の地域です。バイパスに近い南側は、坪30万円〜50万円、北側になると坪20万円〜30万円となります。
石内・彩が丘 八幡よりさらに北の地域です。彩が丘(河内南)は、周囲を山に囲まれた団地です。現在も開発が進んでいます。土地の坪単価は、20万円前後が相場です。
観音台・薬師が丘 どちらも高台にある団地です。小・中学校まで少し距離があります。観音台は、坪単価10万円〜30万円です。薬師が丘は、坪単価は10万円〜20万円となります。

広島市ホームページ

KEデザイン 不動産 いえねっと 住宅・商業風水  Works KEデザインtop

広島 不動産 土地 建売 投資