広島 不動産 土地 建売 投資
KE design
 土地の価格と建物
 
地域によって変化しますので、あくまでも参考資料です。

建物、その他の資金として、いくら残すかが問題です。
環境、建物、庭、広さ、何に価値を見出すかは、個々人によってさまざまです。
 ★ローコストの場合★
総資金2500万円程度は、究極のローコストです。
自己資金が500万円以下、年収も500万円以下ですと、この辺が限度です。

土地代1000万円以下

1. 都市部の場合
坪単価を50万円とすると、敷地の広さは20坪までしか、望めないでしょう。世の中には、坪単価を100万円で、敷地の広さが10坪の家も存在します。それでも都市部の生活を エンジョイする事はできるのです。
庭の手入れが面倒な人は、もってこいです。
しかし半面、土地が狭くなればなるほど建物代がかかることを覚悟しておきましょう。

2. 周辺部の場合
坪単価を30万円とすると、敷地の広さは30坪以上が、望めそうです。小さいながら、庭も確保できそうです。見晴らしがよくて、空気もいいけど、交通の便利は我慢しましょう。半面、建物代は都市部の場合よりは 安く付くでしょう。

建物代1000万円強

1. 都市部の場合
坪単価を35万円とすると、述べ床面積は30坪を切る程度ですが、建売住宅もそんなものです。

2. 周辺部の場合

坪単価を30万円とすると、述べ床面積は30坪程度は確保できます。究極のローコストですが、十分に暮らしていけます。十分に理解した上で、実行しましょう。
   

その他の資金350万円+α
 
1. 土地の仲介手数料 (6%+消費税)    66万円
2. 建物の設計監理料 (15%)        150万円
3. 引越し費用                 20万円
4. 税金                     34万円
5. 引き込み負担金              20万円
6. 予備費として                60万円 

 ★平均的な場合★
普通は、総資金4500万円までが限度でしょう。
ただし、自己資金が1000万円以上、年収も1000万円近くないと、不可能でしょう。

土地代2000万円以下

1. 都市部の場合
坪単価を50万円以上とすると、敷地の広さは40坪までしか、望めないでしょう。坪単価を100万円とすると、敷地の広さは20坪までしか、望めませんね。それでも都市部の生活を 十分エンジョイする事はできます。
庭の手入れが面倒な人は、もってこいです。
半面、建物代が周辺部の場合よりは かかることを覚悟しましょう。


2. 周辺部の場合
坪単価を40万円以下とすると、敷地の広さは50坪以上が、望めそうです。十分な広さの、庭も確保できそうです。見晴らしがよくて、空気もいいけど、交通の便利は我慢しましょう。半面、建物代は都市部の場合よりは 安く付くでしょう。


建物代2000万円程度
1. 都市部の場合
坪単価を55万円とすると、述べ床面積は40坪を切る程度ですが、木造だと平均を超えて立派な家です。

2. 周辺部の場合
坪単価を45万円とすると、述べ床面積は40坪以上は確保できます。庭も整備できるし、十分に暮らしていけます。
あとは広さに
資金を使うか、内容の充実に使うかが問題ですね。

その他の資金500万円+α

1. 土地の仲介手数料(6%+消費税)     126万円
2. 建物の設計監理料 (13%)         260万円
3. 引越し費用                  20万円
4. 税金                      40万円
5. 引き込み負担金               20万円
6. 予備費として                 34万円
 


 
KEデザイン 不動産 いえねっと 住宅・商業風水  Works KEデザインtop
広島 不動産 土地 建売 投資