緊急提言
  地球環境問題への対策・・・・・・住宅編

メールはこちらへ

問題解決には、まず、豊かな私たちが、「大量生産・大量廃棄」の資源浪費型ライフスタイルを変えていくことが第一です。

電気やガスを出来るだけやめて、太陽、風、など自然のエネルギーを使おう。

1. 太陽で冬の暖房をまかなおう。

新築に際し、日当りの確保に努力しましょう。

南にオープンスペースがある場合は、大きなガラス窓を配しましょう。
そうでない場合は、室内の吹き抜けと、屋根のトップライトにより、上から日当りを確保しましょう。

そして、太陽で冬の暖房をまかなうのです。

2. 風通しを良くし、夏の冷房を最小限としよう。

はめ殺しの窓はやめ、開閉できる窓にしましょう。そして室内は出来るだけ、間仕切り壁などの障害物をなくしましょう。

吹き抜けや大空間を作ると、建物の中を風が通りやすくします。

3. 既存エネルギーをやめて、太陽熱を利用しよう。

屋根にソーラーパネルを設置し、照明器具などに電力供給しましょう。
また、屋根に太陽熱温水器を置き、浴室や洗面所に給湯しましょう。

日当たりのいい、屋根の上に設置すると、室内に対する断熱効果もあります。


太陽熱温水器や太陽光発電など、自然エネルギーを暮らしに取り入れると、効率よくエネルギーを使って生活できます。

4. 水道水の代わりに、雨水を利用しよう。

屋根からの雨水は、そのまま排水するのではなく、既製品の床置きタンクで雨水を溜めましょう。
そして、洗車や散水などに利用しましょう。

タンクが敷地東南の場合、風水の効果も併せ持ちます。



スクラップ&ビルドをやめて、長期に渡り、住宅を使おう。

1. 資源とエネルギーの浪費はやめよう。


新築するのなら、長く使うことを念頭に置きましょう。安かろう悪かろうでは、建て替えざるえなくなります。そういう意味では、建売住宅には限界があります。

そもそも、日本の住宅の寿命は、欧米各国に比べて非常に短いものです。

今までのように、スクラップ&ビルドによる資源とエネルギーの浪費や、廃棄物の増加はもはや看過すことができない問題なのです。


2. 生産時の違いも注目しよう。

できれば、木造住宅にしましょう。地震対策に不安があるのなら、最小限の柱と梁だけ鉄骨にして、その他の大部分は木造で作ることをおすすめします。

コンクリートや鋼材は、生産時にかなりの燃焼エネルギーを必要とします。
つまり、いかにエネルギー消費型で、炭素放出型の材料であることが分かります。

その点、木材は生産時に燃焼エネルギーを必要としません。
逆に炭素を蓄積し、大気中に放出しないので、炭素放出量表示は逆にマイナスとなるのです。

さらに、輸入木材をやめ国産木材にすれば、輸送にかかるエネルギーも不要となります。その上、山の荒廃も防げます。

3.建設時の違いも注目しよう。

輸送や組み立てという観点からしても、本来、住宅も木造が望ましいものです。
それは、鉄やコンクリートの建物と比べて、建設時に放出されるCO2量が小さいからです。
この違いは各工法によって、主に鉄・コンクリートと木材のエネルギー使用比率が、違うことから生まれています。

つまり、荷重の重い鉄・コンクリートは、輸送や組み立てにもエネルギーを消費するのです。
その点、軽い木材のエネルギー消費は、少ないものです。

ただし、海岸部の住宅では、今後の海面上昇のため、一階のみはコンクリートが望ましいでしょう。

4. 廃棄にもエネルギーはかかる。

長寿命の住宅を建設し、大事に使い続ければ、そのCO2削減効果はさらに大きくなります。
また、廃棄物も削減することができます。

かつ、住宅解体時にも、木の古材などは状態が良ければ、再利用することもできます。

つまり、リサイクルでさえエネルギーを使用する、鉄やコンクリートと比べて、木造は環境にやさしく、エネルギー効率が良いのです。




エアコンなど、機械に頼る生活はやめよう。

1. 昼間、照明機具は使用しない。

南の大きなガラスや、中央のトップライトと吹き抜けにより、室内を明るくして、昼間の照明をなくしましょう。

そのためには、優秀な設計者に依頼しましょう。計画力がないと、昼間も照明をつけないと暮らせない家が、出来てしまいます。

2. 夏、エアコンを使用しない。

これからの家は、南には庇をつけ、西には大きな窓をやめ、夏の太陽を制御しましょう。
そして、屋根や壁の断熱材を厚くして、断熱効果を高め、夏のエアコンの使用をやめましょう。

予算が許せば、窓は二重サッシュ、あるいは縁側空間を再生し、熱損失を最小限としましょう。

また、はめ殺しの窓はやめ、壁などの障害物をなくし、吹き抜けや大空間を作り、建物の中を風が通りやすくするのです。


3. 冬、エアコンを使用しない。

床下の断熱材を厚くして、断熱効果を高めましょう。
そして、東や南の窓を大きくして、太陽熱を取り入れ、冬のエアコンや暖房をやめましょう。

立地的に日当りが悪い場合、吹き抜けと高窓、あるいはトップライトで、家を暖めましょう。



緑化をして、自然を再生しよう。

1. 敷地内に可能な限り、木を植えよう。

完成時から庭に植物があるように、初めから植栽費用を工事費に組み込みましょう。
そして、計画当初から出来る限り、敷地内に植栽するスペースを残しましょう。

そのためには、建物の一階部分を小さくしましょう。
特に都市部では、余った敷地のスペースは、駐車場だけというのはやめましょう。

駐車場の床面にもスリットをつくり、龍のひげを敷きこみましょう。その他、わずかなスペースでも、土の部分を残しましょう。

東と南に落葉樹、西と北に背の高い常緑樹を植えましょう。
既存にある木々は、可能な限り、利用していきましょう。

2. 室内にも可能な限り、植栽をしよう。

都心部で、十分な庭が取れない場合は特に、室内に植物を置いていきましょう。

室内の空きスペースに、観葉植物の鉢を、可能な限り置いていきましょう。 窓前に置き、日影を生み出すことで、断熱効果が得られます。

窓際の窓台や、吹き抜けに面する床に、人工土壌の植栽を置くのもいいでしょう。

3. 塀はやめて生垣にしよう。

コンクリートや金属製の塀は、生産時に燃焼エネルギーを使用します。

その点、木を使った生垣は燃焼エネルギーを使用せず、家の断熱やヒートアイランドの防止にもつながるため、有効です。

なにより、植栽の量が格段に増えるし、樹種によって費用は、既製品の塀と変わらないものです。

メールはこちらへ

Telephon number  / 082.261.3171

いえねっと不動産 いえねっとRemo! いえねっと  住宅・商業風水 いえねっとShopping 江口希之建築都市研究所
賃貸マンション、店舗設計、土地活用などの情報満載! 広島 建築設計事務所 江口希之建築都市研究所