緊急提言
  地球環境問題への対策・・・・・・リフォーム編

メールはこちらへ

問題解決には、まず、豊かな私たちが、「大量生産・大量廃棄」の資源浪費型ライフスタイルを変えていくことが第一です。

電気やガスを出来るだけやめて、太陽、風、など自然のエネルギーを使おう。

1. 太陽で冬の暖房をまかなおう。

古い家で、日当りが悪い家は、ざらにあります。

そんなとき、南に大きなガラス窓を配すなど、とにかく日当りを確保しましょう。

南からの日当りが期待できない場合、室内に吹き抜けをつくり、屋根にトップライトを設置しましょう。

そうすれば、太陽で冬の暖房を軽減することも可能となります。

2. 風通しを良くし、夏の冷房を最小限としよう。

最近の家は、ツーバイフォーといって、やたらと壁だらけの家が多いものです。

そんなとき、はめ殺しの窓はやめ、開閉する窓に取り替えましょう。そして、間仕切り壁などの障害物をなくせるだけ、なくしましょう。

できれば、吹き抜けや大空間を作り、建物の中を風が通りやすくするといいです。

ツーバイフォーは厳しいですが、在来工法ならリフォームで可能となります。

3. 既存エネルギーをやめて、太陽熱を利用しよう。

屋根にソーラーパネルを設置し、家に電力供給しましょう。

屋根に太陽熱温水器を設置し、台所や浴室に給湯するのです。そのとき、古い家だと荷重に気をつけないといけません。

たとえ密集地でも、屋根だけは日当たりがいいものです。
その屋根の上に設置すると、室内に対する断熱効果もあります。

古い家でも、太陽熱温水器や太陽光発電など、自然エネルギーを暮らしに取り入れると、効率よくエネルギーを使って生活できます。

4. 水道水の代わりに、雨水を利用しよう。

床置きタンクを新設し、雨水を溜めて、洗車や散水などに利用しましょう。

古い家にも、比較的安価に設置できます。

敷地東南の場合、風水の効果も併せ持ちます。




スクラップ&ビルドをやめて、長期に渡り、住宅を使おう。

1. 資源とエネルギーの浪費はやめよう。


日本の住宅の寿命は、欧米各国に比べて非常に短い。建て替えの前に、リフォームを検討しよう。

スクラップ&ビルドによる資源とエネルギーの浪費や、廃棄物の増加はもはや看過できない問題である。


2. 生産時の違いも注目しよう。

近代は鉄やコンクリートの家が増えました。そして不燃材の家も増えました。
しかし、生産時に燃焼エネルギーを必要とします。

生産時に燃焼エネルギーを必要としない、木材を多用しましょう。
さらに、輸入木材をやめ国産材にすれば、輸送にかかるエネルギーも不要となります。

リフォームにも、国産の木材を積極的に使いましょう。

3.建設時の違いも注目しよう。

荷重の重い鉄・コンクリート製品の使用は、現場で使用するとき、人力というわけには行きません。

建設には、ガソリンを大量に消費する、重機が必要となります。

その点、軽い木材はエネルギー消費は少ないので、リフォームにも多用しましょう。


4. 廃棄にもエネルギーはかかる。

出来るだけリフォームし、大事に使い続ければ、そのCO2削減効果はさらに大きくなります。
また、廃棄物も削減することができます。

つまり、解体でさえエネルギーを使用するのです。

ということは、安易に新築するのではなく、リフォームまたはリノベーションで古い建物を再生しましょう。

見違えるほど、生まれ変わることが出来るのです。



エアコンなど、機械に頼る生活はやめよう。

1. 昼間、照明機具は使用しない。

昼間でも照明をつけないと、暮らせない家は、意外と多いものです。

自然光を取り込み、室内を明るくして、昼間の照明をなくしましょう。

リフォームして、南の大きなガラス窓を設置したり、建物にトップライトと吹き抜けを設置し、自然の光を取り込もう。

2. 夏、エアコンを使用しない。

近代では、深い庇は排除される傾向にありました。

しかしこれからは、南には庇をつけ、西には大きな窓をやめ、太陽を制御する必要があります。
また、屋根や壁の断熱材を厚くして、断熱効果を高めましょう。

古い家では、断熱材はたいていないものです。

窓は二重サッシュ、あるいは縁側空間を再生し、熱損失を最小限とする。なくなってしまった縁側空間は、断熱に有効です。

そして、はめ殺しの窓はやめ、壁などの障害物をなくし、吹き抜けや大空間を作り、建物の中を風が通りやすくしましょう。

3. 冬、エアコンを使用しない。

床下の断熱材を厚くして、断熱効果を高めましょう。

古い家では、床下の断熱材はたいていないものです。
そして東や南の窓を取り替えて大きくし、太陽熱を取り入れましょう。

天井や床を取り、吹き抜けと高窓、あるいはトップライトをつくり、家を暖めるのもいいことです。



緑化をして、自然を再生しよう。

1. 敷地内に可能な限り、木を植えよう。

床のコンクリートは撤去して、出来るだけ土の面積を増やしましょう。

南に落葉樹、西に常緑樹、モルタルで覆った斜面があれば、つた類で被覆しましょう。

既存にある木々は、可能な限り、利用していきましょう。

そして時には、一階の面積を増やす増築ではなく、一階の面積を減らす減築も必要かもしれません。

2. 室内にも可能な限り、植物を置こう。

都市部では庭がない場合もあります。戸建でさえそうですが、マンションとなるとなおさらです。

そんなときせめて、観葉植物の鉢を、可能な限り置くスペースを作りましょう。 窓前に置いて、日影を生み出すことで、断熱効果が得られます。

さらに窓際の窓台や、吹き抜けに面する床に、人工土壌の植栽を置くスペースを確保しましょう。

3. 塀はやめて生垣にしよう。

古い塀は撤去して、植木による生垣にしましょう。コンクリートや金属製の塀は、生産時に燃焼エネルギーを使用します。

その点、生垣は燃焼エネルギーを使用せず、家の断熱やヒートアイランドの防止にもつながるため、有効なのです。

メールはこちらへ

Telephon number  / 082.261.3171

いえねっと不動産 いえねっとRemo! いえねっと  住宅・商業風水 いえねっとShopping 江口希之建築都市研究所
賃貸マンション、店舗設計、土地活用などの情報満載! 広島 建築設計事務所 江口希之建築都市研究所