緊急提言
  地球環境問題への対策・・・・・・事業用施設編

メールはこちらへ

問題解決には、まず、豊かな私たちが、「大量生産・大量廃棄」の資源浪費型ライフスタイルを変えていくことが第一です。

電気やガスを出来るだけやめて、太陽、風、など自然のエネルギーを使おう。

1. 太陽で冬の暖房をまかなおう。

南に大きなガラス窓を配し、室内の吹き抜けと、屋根のトップライトにより、太陽で冬の暖房をまかなう。

そんな事業用建物は、いままではありませんでしたが、これからの建物には、必要なことですね。

2. 風通しを良くし、夏の冷房を最小限としよう。

エアコンに頼ってはいけません。

つまり、はめ殺しの窓はやめ、壁などの障害物をなくすのです。

そして、吹き抜けや大空間を作り、建物の中を風が通りやすくする。そんな建物が、これからは要求されます。


3. 既存エネルギーをやめて、太陽熱を利用しよう。

屋上にソーラーパネルを設置し、共用部分に電力供給しましょう。
また、屋上の太陽熱温水器で給湯しましょう。

いままでは、機械の値段が高くて、採算に合わず、敬遠されていました。しかし、これからは地球を救うという、大きな使命があります。

日当たりのいい、屋上の機械置き場の上に設置すると、機械に対する断熱効果もあります。


4. 水道水の代わりに、雨水を利用しよう。

いままでは無駄に、雨水を捨てていました。しかも大地に吸収もされず、栄養のない雨水が海に直行しています。これでは、なんにもなりません。

床置きタンクで雨水を溜めて、洗車や散水などに利用しましょう。
大規模な場合、地中に貯水タンクを埋設し、トイレに利用しましょう。

敷地東南の場合、風水の効果も併せ持ちます。






スクラップ&ビルドをやめて、長期に渡り、建物を使おう。

1. 資源とエネルギーの浪費はやめよう。


日本の建築施設の寿命は、欧米各国に比べて非常に短い。

スクラップ&ビルドによる資源とエネルギーの浪費や、廃棄物の増加はもはや看過できない問題である。とにかく長く使いましょう。

そして長く使うためには、天井の高さなど、空間を豊かにしましょう。
日本と欧米の決定的な違いは、ここにあります。


2. 生産時の違いも注目しよう。

コンクリートや鋼材は、生産時にかなりの燃焼エネルギーを必要とします。
つまり、いかにエネルギー消費型で、炭素放出型の材料であることが分かる。

その点、木材は生産時に燃焼エネルギーを必要としない。
逆に炭素を蓄積し、大気中に放出しないので、炭素放出量表示は逆にマイナスとなる。

しかし、事業用建物の場合、内装制限があるので可燃材の木はそのままでは使えない。

ということは、不燃材を長く使う必要がある。

3.建設時の違いも注目しよう。

本来、事業用施設も木造が望ましい。鉄やコンクリートの建物と比べて、建設時に放出されるCO2量が小さいからだ。

この違いは各工法によって、主に鉄・コンクリートと木材のエネルギー使用比率が、違うことから生まれている。荷重の重い鉄・コンクリートは、輸送や組み立てにもエネルギーを消費する。

その点、軽い木材のエネルギー消費は、少ない。 しかし、事業用建物の場合、内装制限があるので可燃材の木はそのままでは使えない。ということは、不燃材を長く使う必要がある。

4. 廃棄にもエネルギーはかかる。

長寿命の事業用施設を建設し、大事に使い続ければ、そのCO2削減効果はさらに大きくなる。
また、廃棄物も削減することができる。

かつ、事業用施設解体時にも、木の古材などは状態が良ければ、再利用することもできる。

つまり、リサイクルでさえエネルギーを使用する、鉄やコンクリートと比べて環境にやさしく、エネルギー効率が良い。



エアコンなど、機械に頼る生活はやめよう。

1. 昼間、照明機具は使用しない。

昼間から、照明をつけなくてもいい計画にしましょう。

南の大きなガラスや、建物中央のトップライトと吹き抜けにより、室内を明るくして、昼間の照明をなくすのです。

廊下や階段も、自然光で明るくしましょう。

2. 夏、エアコンを出来るだけ使用しない。

いままでは、庇のない建物が圧倒的でした。

しかしこれからは、南には庇をつけ、西には大きな窓をやめ、太陽を制御しましょう。
そして、屋根や壁の断熱材を厚くして、断熱効果を高めるのです。

窓は二重サッシュ、あるいは縁側空間を再生し、熱損失を最小限とします。
また、はめ殺しの窓はやめ、壁などの障害物をなくし、吹き抜けや大空間を作り、建物の中を風が通りやすくしましょう。

3. 冬、エアコンを出来るだけ使用しない。

床下の断熱材を厚くして、断熱効果を高めましょう。
そして、東や南の窓を大きくして、部屋の奥まで太陽熱を取り入れましょう。

そのためには、吹き抜けと高窓、あるいはトップライトで、部屋を暖めるのです。空間も豊かになり、居心地も良くなります。

また、敷地内に十分なオープンスペースも必要です。

敷地が小さくないのなら、敷地一杯にぎりぎり建てて、日当りを悪くするのはもうやめましょう。

4. エレベーターを出来るだけ使用しない。

いままでは、エレベーターが中心でした。

しかしこれからは、気持ちのいい階段を各所に配し、エレベーターは敷地の奥とし捕捉程度としましょう。

また、ついつい階段を利用するように、階段を壁で囲まず、オープンにしましょう。

さらに、吹き抜けを楽しめる配置とすると、効果的です。



緑化をして、自然を再生しよう。

1. 敷地内に可能な限り、木を植えよう。

敷地が小さくないのなら、敷地一杯にぎりぎり建てずに、周囲に空き地を残しましょう。

そして、植え込みのスペースをしっかり確保しましょう。

そして東や南に落葉樹、西や北に常緑樹を植えましょう。
建て替えの場合は、既存にある木々は、可能な限り残し、利用していこう。

2. 室内にも可能な限り、植栽をしよう。

外部に面する窓際の窓台や、室内の吹き抜けに面する床に、人工土壌の植栽を置きましょう。

吹き抜け部には、背の高い観葉植物の鉢も、可能な限り置いていこう。

わずかな空きスペースにも、小さな観葉植物の鉢を、可能な限り置いていこう。

3. 屋根を緑化しよう。

一日中、太陽を受ける屋根をそのままにしておくのは、もったいない。

緑化すれば断熱効果もあるため、内部のエアコンの軽減にもつながります。

また、外部に対してもヒートアイランドの防止にもつながるため、有効なのです。

ただし、風水的には自然の摂理に反するので、低木のみとし高木は植えないこと。


4. 壁面を緑化しよう。

敷地内にゆとりがない場合、室内や外壁の壁面を緑化しよう。

近年、既製品化された商品が、どんどん出てきています。

削り取られ、モルタル吹き付けされた山の斜面にも、緑化の可能性を探ろう。


メールはこちらへ

Telephon number  / 082.261.3171

いえねっと不動産 いえねっとRemo! いえねっと  住宅・商業風水 いえねっとShopping 江口希之建築都市研究所
賃貸マンション、店舗設計、土地活用などの情報満載! 広島 建築設計事務所 江口希之建築都市研究所