風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水
風水の基本   戦国時代の風水  
生きるか死ぬか、究極の選択の時代。

だからこそ、中国でも日本でも、この時代は特に重宝されていました。

不安定な世の中・・・・・だからこそ風水

先が見えないのは、いつの時代でも先は常に見えないもの、戦国時代もまさにそうだった。

ゆえに人類は、洋の東西を問わず、占術と言うものを編み出し、それに頼ったのだ。
それしか先を知るすべがなかったからだ。そして、その中のひとつが「風水」なのだ。

では、歴史上どのようなときに、風水が必要とされてきたのだろうか? 

それは競争社会が激化し、世の中が極めて不安定になったときである。
古代中国でもそうだが、日本史で言うなら「戦国時代」がまさにそうだったのだ。

軍 師・・・・・陰陽師や修験者

戦いにおいて大将は、戦局を左右する可能性を秘めた方針を、なんと信頼できる家臣に、指示を仰いでいた。
それが「軍師」である。

軍師と言うと、豊臣秀吉に仕えた竹中半兵衛や黒田官兵衛のような「作戦参謀」をイメージしてしまうが、それは違う。

この時代の軍師は呪術、占術の専門家、すなわち神道の「陰陽師」のことを意味していた。
また、陰陽師のほかに密教の「修験者」を、軍師として登用していたことも多いのだ。


つまり、神社とお寺の知恵者である。

占星術や方位術・・・・・基本は風水の「時」

例えば奥州の覇者、伊達政宗は良学院栄真(りょうがくいんえいしん)なる、祈祷師を抱えていた。

また、九州を席巻し、鬼と言われた島津義久には、川田義朗(かわだよしあき)なる祈祷師がいた。

また天下を統一し風水都市「江戸」をつくった徳川家康には、天台密教高僧の「天海」がいた。

彼ら軍師が、どのようにして占術を行っていたのかは、さだかではない。
しかし、軍配に磁石がはめ込まれていたり、時間をあらわす十二支や、北斗七星の図が描かれていたのだ。

そんなことなどから、占星術、方位術での日時と方位の吉凶を見ていたことが伺える。つまり、風水の「時」に通じるのだ。

軍師の学校・・・・・儒教の教えの実践

軍師は、凶作用を吉作用に変える術を心得ていたので、危険を鎮めることが出来た。

そして彼らは何と、歴史の教科書にも出てくる「足利学校」で、この術をマスターしているのだ。
天台密教高僧の「天海」も、その一人だ。

足利学校は一般的に、儒学、漢学の研究機関ととらえられている。つまり、儒教の教えを実践していた。
しかし、周易、断易なども教える、軍師養成の専門学校でもあったのだ。

しかも全国から、三千人もの生徒が集まった。
そしてここの卒業生たちは、各地の戦国武将に仕えて、占術的アドバイスをしていくようになるのだ。

風水の家相への応用?  どこまで風水にこだわるか? 風水に見る敷地の欠け 家相の悪い家の対処方法?
家相に見る敷地と道路の関係 共同住宅の階段の位置 道路、または川との関係 マンションと戸建住宅の実例
どの風水が本当なの? 本来、風水って何? 風水の歴史 日本の都市づくり 戦国時代の風水
日本流風水と大陸流風水 相生と相剋 風水の基本四神相応の図?
住宅・商業風水
風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水