風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水
人と風水   人を吉相にする方法  
風水で、人を吉相に変える方法があるのです!
「人」の要素・・・・日ごろの行い

そもそも中国には古くから、人と自然とのかかわりを、解説した思想があり、後に儒教に体系化されていきます。

これは、人の良し悪しという「人」の要素が、自然災害といった「天」の現象に反映するという考え方なのです。つまり、日ごろの行いは大切だ、ということです。

それゆえに風水は、物(環境)、時以外に、人の問題も大切なのです。つまり、三つとも併せ持たないといけません。

たとえば、いくら環境、つまり間取りがよくても、「人」つまり、そのお店を経営する経営者、そして従業員が吉相でなければ何にもなりません。

家庭でも同じこと、つまり間取りがよくても、「人」つまり、夫婦そして子供たちが吉相でなければ何にもならないのです。当然ですよね。


人は変えられるの?・・・・知ること、気づくこと
実はこれが一番、難しい!人は年を取ると誰でも、自分を変えることは難しくなります。

だって、いままで相当な時間をかけて、出来上がった人格なのです。
しかしその人格では、勝負にならないとしたら、変わらなくてはいけません。


そのためにはまず、知ること、気づくことが大切です。
古代ギリシャの哲学者、ソクラテス、って聞いたことがありますね。
彼は、「知らないことほど、恐ろしいものはない」、といっています。


あるとき彼は、世間で知恵ある者だと思われている三者−政治家、詩人、手職人−のもとを訪れました。

そこで彼が発見したことは、その三者はそれぞれ、「自分が知恵ある者だと思っているが、実はそうではない」、ということとだったのです。

つまり、どんなことでも簡単ではなく、まだまだ奥が深いということですね。

それに対し、ソクラテス自身は、例えば善や美などということを、「実際に知らないので、彼らのように、知っているとも思っていない」と感じていました。

つまり、この「無知の自覚」の点でソクラテス自身の方が彼らより、「ほんの少しばかり」知恵ある者である、ということがわかったのです。

つまり、我々人間は、「自分は知恵については全く価値のない者だ」、と自覚している者が、実は最も知恵ある者なのです。

だからこそ人は、「知ること、気づくこと」で変わることが出来るのです。

人それぞれの運気・・・・・波動のエネルギー
兵法では、「人の和は、地の利にまさる」といいます。つまり、家に置き換えると、人が吉相で家族が仲良しということが、間取りなどの環境よりも大切、ということなのです。

兵法も風水も、儒教の教えを基本としているので、相通じるものがあります。
  さて、宇宙は波動のエネルギーで構成されています。その一部にすぎない、我々人間も、例外ではありません。脳波、心電図、電波などなど、あがったり下がったりの波動で表現されますね。

体調、つまり体のバイオリズムや、個人の運勢、経済の動向、株価も同様です。時とともに変化する、人それぞれの「風水の運気」も同じことです。
悪いときは、誰もが気を引き締めがんばるが、いいときは誰もが楽観視してしまい、自分自身の能力にも、過剰に自信を持ってしまうものですね。

しかし、これが大間違い……。
  いいときがあれば、必ず悪いときが来るのは、自然の法則。

そのときの備えを、しっかりしておかないといけないのです。

「備えあれば、憂いなし」、つまり「リスク管理」ですね。


全ての存在、現象は、波動のエネルギーであることを、くれぐれもお忘れなく。

だから、風水の運気も説明がつくのです。


環境に関する吉凶  敷地に関する吉凶  間取りに関する吉凶
住宅・商業風水
風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水