風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水
  地球もリセット   自然と風水
地球規模で、危機が迫っています。もっと自然を大切にして、地球もリセットしましょう。

自然の怒り・・・・地震、津波、核爆弾、砂漠化
  この地球上では、適正な人口は1億人程度といわれます。

となると、自然を壊しながらじゃあないと、60億人が生活できないのは、当然・・・・・。

人間の場合、自然の法則が働くとなると、どういうときでしょうか。

つまり「数の減少」が起こる理由はなにかというと、伝染病や、自然災害、戦争などなど……。

いずれにしても、悲しいことですね。

そして現代では、人間は自然を破壊し、無視するようになりました。

それがゆえに、地震、津波、核爆弾、砂漠化・・・・自然の怒りのように感じます。

もっと身近では、シックハウスやアレルギーなど、住宅でさえ人にとって害のある存在にさえ見えてきています。

現代に生きる我々は、過去の歴史が証明している、自然界にある科学的事実から目を背けてきました。

しかし、それでは駄目だということに、最近、多くの人が気づき始めています。

だからこそ、いまの風水人気があるのです。

謙虚に生きる・・・・・自然と共生
自然を破壊するのは人間だけで、動物や植物は、決して破壊しません。

それではどうして、人間は自然を破壊するのでしょうか。まず、自然界を見てみましょう。
  ライオンは生きるために、必要な量しか獲物を確保しません。

だから獲物の子孫は絶えることなく、維持されるのです。自然を壊さないためにも、ライオンの頭数とサバンナの広さが、適切であることが大切なのです。
野鼠は大量発生すると海に飛び込み、集団自殺をすることが知られています。

森の中で仲間が生き続け、子孫を残していくためには、適正な数の維持が必要なのです。これも、自然の法則。

だとすれば、「自然と共生しながら、謙虚に生きることが大切」。風水は、そう教えてくれます。

それゆえに、風水を住宅や職場、そして生活に取り入れなくてはいけません。

失われた自然・・・・砂漠の拡大
  地球上の砂漠は、毎年600万ヘクタールの規模で拡大を続けています。

これは、気候による影響だけではなく、人間の活動に伴う要素が大きいとされています。

そして砂漠化によって、二酸化炭素の吸収源である森林が減少し、地球温暖化を加速させるなど、深刻な影響があるのです。

当然、その地域に居住する人々の、食料生産ができなくなります。

こうした砂漠化を進行させる原因は、後進国の家畜の過放牧や過剰な焼畑農業などが指摘されています。


あるいは、熱帯雨林の過剰な伐採により、土地の給水能力が衰えることにもあります。

日本の都市部でも木がなくなり、郊外の団地も山を造成して、丸裸にしています。

つまり、砂漠化に一役買っているのです。

失われた古代文明・・・・・海面上昇
  何万年と続く歴史の中で、生物、植物、動物といった生命体は、絶滅と成長を繰り返してきています。

もしかしたら、人類もそうかもしれません。

たとえば、今から約1万2000年前に太平洋にあったとされる、「ムー大陸」。

海外だけではなく、日本の古文書の中にも、その存在は登場します。

氷河期の終焉による、海面上昇によって水没した大陸棚とする説もあります。

他には沖縄の海底遺跡や、度重なる地震で水没したと言われる、クレオパトラの海底遺跡も有名です。

また、「ノアの洪水」に代表される、世界の洪水伝説も有名ですね。

文明を破壊するために、天誅として神々によって起こされた大洪水は、世界の諸神話に共通して見られるテーマなのです。


現代の我々にも、地球温暖化による海面上昇の危機が迫っています。「ムー大陸」の二の前だけは、避けないといけませんね。

破綻した国・・・・・イースター島
モアイの建つ島として有名で、周囲には殆ど島らしい島が存在しない絶海の孤島、イースター島。

4世紀頃から、人が暮らすようになったといわれています。当時の島は、世界でも有数の亜熱帯性雨林の島であったと考えられています。
そして10世紀頃から、人口も増加し、最盛期では1万5千人を超えていたと見られます。

その後、モアイ製作やカヌー製造、農耕の拡大などで伐採が進み、島全体から森林が消えてしまいます。

その結果、表土が流出し、農地は荒れ果て、また木材が不足してカヌーの生産にも支障が出たことから大規模な飢餓が発生。
  そのためもあり、16世紀から17世紀にかけて部族間の紛争が起こり、モアイの破壊合戦が起こります。

この時代、人口は激減し、伝承によれば人肉食さえ横行していたとされます。自然破壊の末路は、こういうことなのです。

森林を保護しましょう。そして、増やしましょう。

生き長らえる方法・・・・・・自然と人生
  古来から、自然と人生には、深いかかわりがあります。

星座の運行、とりわけ月の周期は、環境だけではなく、人の運命にも関わるといいます。

さらにそれが、科学的、理論的にも証明されるようになりました。

人の生死、体調、運気のバイオリズム、そして潮の干満、地震、津波、火山の爆発・・・・・。

そこには環境というものが、大きな役割を果たしています。

人間社会も同じこと、風水の本場、古代中国をはじめ、あらゆる人類だって、みんな環境が大切です……。

だからこそ、風水を素直に受け入れないといけません。

そして我々が、快適に自然の中で生き長らえる方法が、風水なのです。
つまり、自然との共生を見出すことが大切と、風水は教えてくれます。そして、人が生きていくうえで、中心的な役割を担ってきたのが住宅なのです。

だから、かつて住宅には自然が取り込まれ、「風」をうまくコントロールし、「水」を大切にして暮らしていたのです。

環境変化への対応・・・・・幸せな生活
人工環境を排除し、自然環境をもう一度、大切にしたい。

そして、エネルギーの無駄遣いもやめたい。しかしここにも障害があります。

人は、とくに日本人は「環境の変化に弱い、変化の対応が遅い」と言われます。伝統的文化を捨て、西洋文化への傾倒は、容易でしたが……・。
自然界にあって、外部環境の変化に対応できるものは、存続できるものです。

現代に生きる生物も、そうやって生きながらえています。でも、それができないものは駄目になる、あるいは死んでしまうのは、自然の摂理……。

逆に、環境に順応しすぎても進歩がないし、逆境のときにかえって成長することもありますね。

  つまり時として、「突然変異的な創造開発」が、自然界にはあるし、我々にも必要なのです。

人間界にあっては近代、たしかに時代の流れに従い、外部環境の変化に対応したかもしれません。

そして、短期的に見ると成功した時期もあるかもしれません。

しかし、人類の長い歴史の中では、環境汚染に環境破壊、内戦に世界大戦……これは「失敗」といわざるを得ません。

そうすると現代の我々は、もう一度、昔の生活に戻り、スローライフやロハスな生活をしてみることもいいかもしれません。

そのためにも、風水がお役に立つということを、みなさんに知っていただきたいのです。

そして多くの方々に、取り入れていただき、「幸せな生活」を見出していただければ幸いです。

環境に関する吉凶  敷地に関する吉凶  間取りに関する吉凶
いえねっと不動産 いえねっと 住宅・商業風水 KEデザインtop
風水 家相 住宅風水 マンション風水 商業風水