広島 建売 新築 リノベーション
KE design
近未来のエネルギー・環境技術
太陽光発電システム
太陽エネルギーの最大の特徴は、クリーンで無尽蔵に降り注ぎ、枯渇の心配がないエネルギーである事です。地球に到達する太陽エネルギーは大気圏外で1m2当たり1.38kW、地表では、1m2当たり1kW程度となります。
地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%変換できるなら世界の年間消費エネルギーを僅か1時間でまかなうことが出来ます。
太陽光エネルギーから二酸化炭素を発生させることなく電気エネルギーを生み出す太陽電池は、まさに地球との共生を支える「創エネ」デバイスです。太陽光発電が家庭の電気需要を補うことにより、間接的に火力発電所で使用される化石燃料の削減することが可能になります。太陽光発電の普及は、確実に二酸化炭素を削減し、地球温暖化防止へ貢献できるのです。
シャープ

小型風力発電機
風力発電機は、「風の力」で風車をまわし、その回転運動を発電機に伝えて「電気」を起こします。
風力発電は、風力エネルギーを電気エネルギーに変換できる比較的効率の良いものです。
現在、主流として利用されているのは水平軸型の風車で、アメリカなどではそのほとんどが、水平軸型の風車となっています。日本では垂直軸型の風車も積極的な開発が行われており、これからの進展が期待されています。

ポータブルリチウム電源装置

ポータブル型電源装置端末は、車両を離れた業務や災害時・停電時の緊急用として最適です。
九州電力
大容量タイプ
  •  大容量のリチウムイオン電池を用いたバッテリータイプのポータブル電源装置で、大電力を必要とする電磁調理器にも、対応可能(今回、電磁調理器内蔵)
  •  屋外のイベント会場では、発電機を使用することなく、また、ホテルの宴会場等では、コードレスで電力を供給します。
キャリータイプ
  •  商用電源が確保できない作業現場において、発電機を使用することなくポンプや照明等へ電力を供給することが可能な、肩掛け運搬も可能な排ガスのない電源装置です。
  •  現在、深夜の地中線工事現場で実際に使用して、実用性を評価・検証中です。

携帯電話充電タイプ
  •  非常災害等で商用電源が停電した場合に、携帯電話ショップ等で、複数のユーザーへの同時充電が可能な電源装置(最大20台同時充電可能)です。
  •  USBでの充電方式とすることで、全ての会社の携帯電話へ充電することができます。

有機EL照明

有機ELとは、有機物に電圧をかけることで、有機物自体が発光する現象をいいます。有機物の分子構造の組み合わせは無限であり、それぞれ発色や耐久性が異なります。
有機物を電気的に発光させる研究は20年以上前から研究されていました。つまり現在の有機ELへの注目の高まりは、ここに来てようやく照明やディスプレイの利用に適した発光効率や耐久性を持つ有機物が発見されはじめたことを意味しています。

写真
有機ELは発光効率も高く、環境にやさしい次世代照明として期待が高くなっています。開発中のパネルは、電力1ワット当たりの明るさが白熱灯を上回るものの、蛍光灯には劣ります。発光効率を高め、発光寿命も現在の6千時間から1万時間まで延ばすことが課題となります。
有機ELパネルは厚さ3.9ミリの薄型で、均一でムラのない光が特徴です。住宅や乗り物の照明としての活用が期待できるということです。
三菱重工
高効率ヒートポンプ給湯器
ヒートポンプ給湯器で従来使われてきたフロンに代えて、自然冷媒(CO2)を採用。高効率ヒートポンプ方式採用なので、大幅な省エネを実現し、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の排出を抑えます。
自然のエネルギーを利用してお湯を沸かす「エコキュート」は、地球環境に配慮したクリーンな給湯機です。優れた省エネ性能で効率よくお湯を沸き上げるから、ランニングコストも大幅に節約。

タカラスタンダード
家庭用燃料電池システム
燃料電池は電気と同時にお湯をつくるシステム(コージェネレーションシステム)です。
作られた電気は通常の電気と同じようにご家庭の電化製品に使用でき、電気を作る時に発生する熱を回収して、お湯をつくります。

1.燃料電池は酸素と水素の電気化学反応で電気を作るため、酸性雨の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)をほとんど発生しません。エネルギー効率も高いため、温室効果ガスの大半をしめる二酸化炭素(CO2)の排出量も従来システムと比べ最大約30%削減可能です。
2.家庭で発電するため、送電時の電気ロスがなく、また発電時に発生する熱を給湯や暖房に使用できます。この結果、エネルギー効率は約80%と、従来の電力供給システムに比べて高いエネルギー効率。
新日本石油
環境配慮建材
バンブーフロア「竹床」使用例
シンプル、モダンでありながら和のテイストを融合させた住宅デザインに人気があり、竹材はその意匠性でも特に注目されている素材です。生育に約50年はかかる木材と違い、竹はわずか4〜5年で成長する上、有害な物質を発散しない天然素材であり、環境に配慮した商品といえます。
 ムク材でありながら、伸縮しにくく、反りにくい性質も備えているため、耐久性があり、省資源に寄与します。また、竹には抗菌・脱臭効果があるので、においの気になるペット住宅や病院、食堂等への使用に適しているため、化学物質を使わずに衛生面を向上させることができます。
アイカ工業株式会社
ハイブリッド断熱ボード
真空断熱材を硬質ウレタンボード内に複数枚配置することで、従来の硬質ウレタン断熱ボードの2分の1の厚さで同じ断熱性能を保つことが可能です。なお、真空断熱材はすでに、冷蔵庫や自動販売機等に多用されていますが、真空を保つ必要があるため、上から釘が打てないといった従来の住宅施工上の問題点もクリアし、住宅への応用が可能な断熱ボードとして日本で初めて開発されました。
アキレス株式会社
光ダクトシステム
電気エネルギー大部分は原子力発電火力発電によってまかなわれています。
このうち原子力発電は出力を変えることが困難な為、需要にあわせた出力の増減は行いません。これをベース供給力と呼びます。
夏の昼間など、電力消費が増大するいわゆる「ピーク電力」をまかなうのは、火力発電です。火力発電は石油や石炭の燃焼によって行われるので、発電の際に大量のCO2を発生させます。
光ダクトの照明効果はこのピーク電力時に最大となり、照明用エネルギーを自然のエネルギーに置き換えることは、そのまま二酸化炭素の排出量削減の効果を発揮します。
マテリアルハウス
軽量鉄骨造の工業化住宅

写真: 全数管理
生産は効率よく全数管理

ミサワホームは、国連大学が提唱する「ゼロ・エミッション構想」に賛同。独自に工場や施工現場での廃棄物ゼロを目指したMIZE(マイズ)プロジェクトを発足させ、環境保全を目的としたさまざまな施策を行ってきました。さらに、余剰材の削減や省こん包化など、省エネルギー・省資源・環境負荷の低減を目指した施策をトータルに展開しています。

写真: 規格通りに加工
材料を規格通りに加工
ミサワホームの全国の工場では、工業化住宅のよりいっそうの進化を目指した、独自のMPS(MISAWA Profit System)を導入。多品種少量生産を基本とした部材標準化の徹底や専用ラインの開発、工期に合わせて必要な時に必要な部材を搬入する合理化施工システムなどを推進しています。これらにより、生産効率と品質向上を図りつつ、生産時の省エネルギーを達成。MPS導入の成果は、生産負荷を10分の1に低減する実績につながっています。
ミサワホーム

燃料電池システム実機運転による足湯コーナー

新日本石油は、7月7日から9日までの3日間開催される「北海道洞爺湖サミット」の国際メディアセンターに隣接する形で経済産業省が設置する近未来型住宅「ゼロエミッションハウス」内の体験コーナーに2台の家庭用燃料電池システムを設置・運転すると発表した。

ゼロエミッションハウスは、家庭用燃料電池システムや太陽光発電システム、最先端ロボットなど最新技術を備えた住宅で、国内外の報道関係者などに対して世界最高水準のエネルギー・環境技術を展示するもの。

ゼロエミッションハウスに設置する3台の家庭用燃料電池システムのうち、同社は、ENEOSセルテックと共同開発した「LPガス仕様」燃料電池、荏原製作所、荏原バラードと共同開発した「灯油仕様」燃料電池の2台のシステムを稼動させる。

家庭用燃料電池システムで発電した電気は、照明などの電力の一部を賄い、同時に作られたお湯はゼロエミッションハウスの一角に設けられた「足湯」コーナーに利用される。

電気と熱を供給する「コージェネレーションシステム」として利用される家庭用燃料電池は、世界に先駆けて2009年度から国内市場向けに本格販売が開始される予定で、ゼロエミッションハウスへの設置を通じて、国内外の報道関係者に対して同社の技術力および環境への積極的な取り組みをアピールする。

アザラシ型ロボット
メンタルコミットロボットPARO 「メンタルコミットロボット」は、人と共存するロボットで、かわいいや心地良いなど人からの主観的な評価を重視し、人との相互作用によって、人に楽しみや安らぎなどの精神的な働きかけを行うことを目的にしたロボットです。
株式会社知能システム
家電製品(液晶パネルTVなど)
暮らしに必要な電気を発電するときに発生するCO2が、地球温暖化の一因となっています。液晶テレビAQUOSのRシリーズ、Gシリーズ、Tシリーズは待機時消費電力0.1W以下を実現。65V型(※2)のフルハイビジョンでも395kWh/年の年間消費電力量(※1)を達成。省エネ法に定められた2008年度基準をクリアしました。さらに、お部屋の明るさに応じて画面の明るさを自動調整し、消費する電力を低減する「明るさセンサー」機能や、視聴している番組に合わせてバックライトの明るさをコントロールする「ピュアホワイト」機能(※3)、無信号電源オフ、無操作電源オフなどの機能も搭載。環境を考えたテレビとして、CO2の削減に貢献します。
シャープ
計画換気システム

第1種換気は給排気共にファン(機械)で強制的に行うもので、熱交換換気タイプがこれにあたります。室内の圧力は外気に対して正圧+、負圧−どちらにもコントロールできます。熱交換タイプにも2種類あって熱の他に臭いや水蒸気を交換する全熱交換、熱だけを交換する顕熱交換があります。

第2種は給気をファン(機械)で強制的に行い、排気は排気口から自然に送り出されるタイプです。室内の圧力は正圧+になります。住宅換気では珍しいケースですが、ソーラーハウスで採用されています。

第3種は排気をファン(機械)で行い、給気は居室の壁に取り付けた給気口から室内と室外との圧力差で自然に取り入れるタイプです。室内の圧力は負圧―になります。

株式会社 KEデザイン
〒732-0048 広島市中区大手町1丁目4−24
TEL:(082) 247-2437 FAX:(082) 247-2487
KEデザイン 不動産 いえねっと 風水と家相 KEデザイン
広島 建売 新築 リノベーション